2016/11/30

ファーミングシミュレーター17(北米版)PS4を始める①

スタート画面

日本語ではないことは除いて、大きな特徴はMODSでしょうか。
Farming Simulator 17_20161130192556

地図

地域は2種類あって、私の選んだこちらはアメリカみたいです。
中心のところが拠点です。
青いマークのところで畑を買ったり、ミッションができます。
Farming Simulator 17_20161119093657


SHOP画面

15より種類も数も増えています。
Farming Simulator 17_20161130195628
Farming Simulator 17_20161130195644

種子(Seed)や肥料(Fertilizer)はパレットを購入し、ショップで積載するか拠点まで運び保管します。
助手を雇った場合は、設定画面でお金の消費によって種子や肥料が消費されないようにも設定できます。
Farming Simulator 17_20161130195948


トラクター購入画面

購入(BUY)のとき、フロントローダーを取り付けたり、ボディカラーやエンジン出力、タイヤの種類等を選べます。
ただし、どんどん高くなっていきます。
あと、17の大きな特徴ですが、購入ではなくリース(LEASE)=借りることもできます。
お金がないときや短時間しか使用しないときはリースのほうがお得かもしれません。(確かめてはいません)
Farming Simulator 17_20161130195725
Farming Simulator 17_20161130195834

価格画面

価格は常に動きます。
作物の種類も増えています。
作物の価格
スポンサーサイト
2016/11/28

Farming Simulator 17 (PS4)

ファーミングシミュレーター17(PS4)

10月末にファーミングシミュレーター17が販売されました。
ただしSteamのPC版は日本語対応ですが、PS4は英語版しか今のところ出ておりません。

PS4派の私としてはAmazonで北米版を購入し、早速。
15と比べると、、基本やることは同じですが設定等が英語なものでやや難儀。
操作も変わっているところがあり、とにかく英語が最大の難関に。

15から変化したポイントは
① 画面や設定などリアルになった(種子や肥料はパレットで購入し消費するため、拠点に購入場所がありません)
② お金儲けが平均的にしずらくなった(サイレージの価格は約1/8になってます)
③ 農作物、家畜、トラクターや農機の種類や数が多くなった(電車にも乗ったり運搬もできます)

結果、15よりリアルな設定で長時間楽しめるようになった(^∇^)ノ と思います。

後々、アップしていきますのでお楽しみに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。