2016/12/07

アイコンの翻訳

アイコン①

アイコンの英文を翻訳してみます。
間違いあったらごめんなさい
アイコン①
1)maintenance cost:維持費⇒車両や機器の1日当たりの支払額を表示
2)Income per hour:1時間当たりの収入⇒1時間に得られる金額を表示
3)Engine power:エンジンパワー⇒エンジンのパワーを表示
4)Required power:必要なパワー⇒機器を適切に動かすのに必要なエンジンパワーを表示
5)Fuel tank:燃料タンク⇒燃料タンクの最大容量を表示
6)Capacity:積載量⇒車両のタンクにどれくらい積めるのかを表示
7)Owned:所有⇒現在所有している同種類の車両や機器の数を表示
8)Leased:リース⇒現在リースしている同種類の車両や機器の数を表示

アイコン②

アイコン②
1)Working width:作業の有効幅⇒車両や機器の作業の有効幅を表示
2)Maximum speed:最高速度⇒車両の最高速度または機器使用時の最高速度を表示
3)Fruit types:収穫の種類⇒どの作物を積載できるかまたはどの作物を処理できるかを表示
4)Seed types:種子の種類⇒どの種子を撒くことができるかを表示
5)Compatibility:互換性⇒互換性のある車両や機器を表示
6)information:情報⇒車両や機器の概要や重要な情報を提供
7)Age:所有日数⇒車両や機器の所有している日数を表示
8)Operating hours:使用時間⇒車両や機器の使用時間をリアルタイムに換算し表示
スポンサーサイト
2016/12/06

作物の種類と借金、リース

作物の種類

作物の種類は10種あります。
① 小麦 ② 大麦 ③ キャノーラ ④ ヒマワリ ⑤ 大豆 ⑥ トウモロコシ ⑦ 油菜 ⑧ ジャガイモ ⑨ 甜菜 ⑩ ポプラ

拠点のサイロに収納できるのが①~⑥ (⑦はまだ作っていません・・)
屋外や収納建物に保管できるのが⑧~⑩ (ポプラはウッドチップとして)

15ではジャガイモや甜菜用のサイロがありましたが、今回はありません。
自分でサイロを建てるか、その辺に置いておくか。
代わりにコンベアーが使えるようになりました。

作物の種類

小麦、大麦、キャノーラ、大豆は通常の装置で生産できますが、ヒマワリとトウモロコシは別のコンバインヘッダーが必要になります。
ジャガイモと甜菜はFS15とのときと同じです。
何が効率良いのかは今後進めていきます。

借金

借金はATMに行かなくとも、設定画面で借りることも返すこともできます。
経理画面(FINANCES)の一番下の赤と緑のお金のところにカーソルを持っていき、×を押すと借りたり返したりできます。
BORROW=借りる
REPAY=返す
$5,000単位ですが、最初はMAXまで借りても良いと思います。
経理画面

リース

FS17から車両や装置を購入しなくともリース(長期契約で借りることを指すが、この中では時間ごとに借り賃を支払う)できるようになりました。
契約l期間は無く、いつでも使い終わったら返せます。
結構高いので、使う直前に借り、使い終わったらすぐに返すほうが良いかもしれません。
リースの仕組み

リースの方法は購入画面のとき△ボタンのLEASEを押せば良いだけです。
写真では、購入すると$142,100の現金が必要ですが、リースにするとINITIAL COSTS=初期費用$15,631で済みます。
短期で終わる作業であるなら、こちらの方がお得です。ただ長期で使用するなら購入の方が良いでしょう。
初期のお金のない時には使えそうです。
購入画面③

返却するには、1)タッチパッドを押しSHOP画面にする、2)△ボタンのGARAGEを押し所持する車両や装置、設備画面にする、3)R1ボタンを押しリースの車両、装置画面にする、4)選んで×ボタンを押す、となります。
売ったり、返却するとき、同じ種類の車両や装置だとどれだか分からなくなりますので、経過日数や稼働時間を確認し、間違えないようにしてください。
購入画面①
2016/12/05

ミッション

ミッションのやり方

序盤はミッションを行った方が良いです。また前作15とはミッションの進め方が若干異なります。
基本的にはミッションを行わないと序盤は資金が足りませんし、ミッションを受けるのに所持する装備はありません。
手ぶらで好きな時にミッションができるのは良いことです。

ミッションの基本 (車両や機械は借りるので手ぶらで大丈夫です)
① 受ける場所は下記地図の青い〇のところです(土地が購入できるところと同じなので購入した土地では行えません)
② ミッションの金額は、掛かる時間に応じて決まります(2,000~15,000くらいですが数分から30分掛かるものもあります)
③ 作業は農作業と同じで、畑の生育に応じ、種まき~刈り取り~耕すという感じになります。(品種ごとに異なる農作業の練習にもなります)

ミッションの受注場所

地図の青いビックリマークのようなところに行きます。
面積の広い畑ほどミッションの報酬は高くなります。
場所によってはミッションのないところもあります。
全体の地図

11番に行ってみました。
ミッション②

青いところに車両から降りていきます。
するとL3ボタンが現れるので、L3(購入または農場ミッション)ボタンを押します。
ミッション①

するとこのような画面が出てきます。
〇は前の画面へ
□はこの畑の購入
×はミッションの開始です。
7分41秒以内に写真の車両や装置を使用し、肥料を撒くというミッションです。
報酬は$3,690でした。
ミッション内容

写真はありませんが、スタートすると車両を動かし、肥料機械とおもりを取り付けます。
肥料を畑全体に撒いていきます。
右上に円グラフが出てきて畑全体の95%くらいでしょうか、ほぼ全体に撒けたところで円グラフは100%になり自動終了します。
2016/11/30

ファーミングシミュレーター17(北米版)PS4を始める①

スタート画面

日本語ではないことは除いて、大きな特徴はMODSでしょうか。
Farming Simulator 17_20161130192556

地図

地域は2種類あって、私の選んだこちらはアメリカみたいです。
中心のところが拠点です。
青いマークのところで畑を買ったり、ミッションができます。
Farming Simulator 17_20161119093657


SHOP画面

15より種類も数も増えています。
Farming Simulator 17_20161130195628
Farming Simulator 17_20161130195644

種子(Seed)や肥料(Fertilizer)はパレットを購入し、ショップで積載するか拠点まで運び保管します。
助手を雇った場合は、設定画面でお金の消費によって種子や肥料が消費されないようにも設定できます。
Farming Simulator 17_20161130195948


トラクター購入画面

購入(BUY)のとき、フロントローダーを取り付けたり、ボディカラーやエンジン出力、タイヤの種類等を選べます。
ただし、どんどん高くなっていきます。
あと、17の大きな特徴ですが、購入ではなくリース(LEASE)=借りることもできます。
お金がないときや短時間しか使用しないときはリースのほうがお得かもしれません。(確かめてはいません)
Farming Simulator 17_20161130195725
Farming Simulator 17_20161130195834

価格画面

価格は常に動きます。
作物の種類も増えています。
作物の価格
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。